山本貴志 / Takashi Yamamoto / 100pianist.com

山本貴志・ポートレート 1983年長野県生まれ。5歳でピアノを始める。中学校在学中に、第12回長野県ピアノコンクールでグランプリ受賞(1997年)、第52回全日本学生音楽コンクール東京大会中学校の部で第3位入賞(1998年)。2001年、桐朋女子高等学校音楽科(男女共学)在学中(玉置善己教授に師事)に第70回日本音楽コンクールで第3位入賞。2002年、桐朋女子高等学校音楽科(男女共学)を首席で卒業。引き続きソリストディプロマコースに在籍して研鑽を積む。
 
2003年より、ワルシャワ・ショパン音楽アカデミーに在学。ピオトル・パレチニ教授に師事。 2004年5月、第56回プラハの春国際音楽コンクール第3位入賞及び最年少ファイナリストに贈られる“ヴァレンティーナ・カメニコヴァー特別賞”を受賞。同コンクールは非常に名高いピアノコンクールであり、ジュネーブ世界国際音楽コンクール連盟に登録されている。

 2004年11月、ポーランド・ビドゴシチでの第6回パデレフスキ国際ピアノコンクール第5位入賞で音楽家としての更なる成功をおさめた。2004年度文化庁新進芸術家海外留学研修員。 2005年5月、ドイツ・キッチンゲンでの第4回ザイラー国際ピアノコンクールにおいて満場一致で優勝。ショパン作品最優秀演奏賞受賞。

2005年10月、ワルシャワで行われた第15回ショパン国際ピアノコンクールでの第4位入賞は、彼の最も重要な功績である。世界的に有名なショパン・コンクールでの入賞は、彼を国際的日本人ピアニストの1人であることを証明した。

2005年はワルシャワを始めポーランド国内でリサイタルを開催。大成功を収めた。 2006年1月に、ショパン・コンクールの受賞者コンサートでワルシャワ・フィルと共に日本全国で演奏。 10月に東京・大阪でのデビュー・リサイタル、11月にはブダペスト・フィルと共演し大成功を収めた。 2006年ジーナ・バッカウアー国際ピアノ・コンクールで第2位を受賞。 これを機にアメリカでの活動をスタートさせる。 同年、第33回日本ショパン協会賞を受賞。 2008年、ワルシャワ・ショパン音楽アカデミーを卒業。拠点を東京に移し、ピアニストとして本格的に活動を始める。

  
  山本貴志 オフィシャルサイト

2010年5月4日作成更新

山本貴志 : 第15回ショパンコンクールライブ 山本貴志 I

山本貴志 : 第15回ショパンコンクールライブ 山本貴志 I
2005年ショパン・コンクールで、関本昌平と並ぶ4位を獲得した山本の1次予選での演奏を収録。桐朋学園卒業後、ワルシャワ、ショパン音楽アカデミーで研鑚を積む。表情豊かなショパンが奏でられている。(CDジャーナル)

  1. 舟歌嬰ヘ長調op.60
  2. エチュード嬰ハ短調op.10-4
  3. エチュードホ短調op.25-5
  4. ワルツ第2番変イ長調「華麗なる円舞曲」op.34-1
  5. スケルツォ第3番嬰ハ短調op.39
  6. ノクターン第16番変ホ長調op.55-2
  7. スケルツォ第4番ホ長調op.54
  8. マズルカ イ短調op.59-1
  9. マズルカ変イ長調op.59-2
  10. マズルカ嬰ヘ短調op.59-3
  11. ポロネーズ第6番変イ長調「英雄」op.53
 

  You-Tube 第15回ショパン国際コンクールの入賞者の演奏で、スケルトツォ 3番 Op.39

山本貴志 : 第15回ショパンコンクールライブ 山本貴志 II

山本貴志 : 第15回ショパンコンクールライブ 山本貴志 II
2005年ショパン・コンクールで4位となった山本の2次予選と本選の演奏を収録。ワルシャワでパレチニに師事し、個性的で感情豊かに弾き切った。批評家には非常に評判が良かったという演奏を聴くことができる。

  1. ピアノ協奏曲第1番ホ短調op.11
  2. ピアノ・ソナタ第2番変ロ短調op.35「葬送」